関水渚、毎日映コンで新人賞「お芝居のとりこになりました」 女優業は「これがないと生きていけない」

関水渚、毎日映コンで新人賞「お芝居のとりこになりました」 女優業は「これがないと生きていけない」

 「第74回毎日映画コンクール」(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の表彰式が2月13日、「ミューザ川崎シンフォニーホール」(川崎市幸区)で開催され、映画「町田くんの世界」(石井裕也監督)でスポニチグランプリ新人賞を受賞した関水渚さんが出席した。デビュー作となった同作の出演で「お芝居のとりこになりました」と語り、女優業の魅力には「自分と違う別の人格にも出会えて、いろいろな人の人生をのぞける。生きる活力みたいな、これがないと生きていけない」と熱く語った。

 女優としての目標は「息の長い女優さんになりたい」と答え、「これからもたくさんの映画に出られるように精進していきます」と目標も掲げていた。
 
 「毎日映画コンクール」は、日本で最も長い歴史を持つ映画コンクールの一つ。今回は「愚行録」などで知られる石川慶監督の「蜜蜂と遠雷」が、「日本映画大賞」「監督賞」に選出され、さらに出演した鈴鹿央士(おうじ)さんが「スポニチグランプリ新人賞」を受賞し、最多となる3冠を獲得。また、阪本順治監督の「半世界」も「蜜蜂と遠雷」と同様に3冠を獲得。「半世界」は、出演した池脇千鶴さんが「女優助演賞」を受賞したほか「脚本賞」「録音賞」も受賞した。

 表彰式には、「カツベン!」で男優主演賞を受賞した成田凌さん、「新聞記者」で女優主演賞を受賞したシム・ウンギョンさん、「凪待ち」で男優助演賞を受賞した吉澤健さん、「半世界」で女優助演賞を受賞した池脇さんらも出席した。