“恋つづ”瀧内公美&神尾楓珠、裏アカで出会った二人が衝撃的な結末に… 映画『裏アカ』予告

“恋つづ”瀧内公美&神尾楓珠、裏アカで出会った二人が衝撃的な結末に… 映画『裏アカ』予告

6月12日より公開になる映画『裏アカ』(配給:アークエンタテインメント)の、予告が25日解禁。

 木村大作、降旗康男、原田眞人、成島出ら日本を代表する数々の監督の下で助監督を務めてきた加藤卓哉がTSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015で準グランプリを受賞した同作で監督デビュー。脚本は、「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」の高田亮と、加藤卓哉の共同脚本。

 主演は、映画「火口のふたり」で第93回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞受賞、第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞などの女優・瀧内公美。思い描いていたものとは違う毎日に行き場のない気持ちを抱え、ふとしたきっかけでSNSの裏アカウントにハマっていく女性をリアルに演じている。相手役の年下の男には話題のドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」などへの出演をきっかけにブレイク中の俳優・神尾楓珠。表の顔と裏の顔を巧みに使い分けながらも、心に深い闇を抱えて生きる複雑な青年を繊細に演じ切った。そのほか、真知子が働くアパレルショップのバイヤー 佐伯崇役に市川知宏、年下のカリスマ店員 新堂さやか役にSUMIRE、社長の北村圭吾役は名バイプレイヤーの田中要次が務め、真知子が訪れる大衆食堂「ふじ食堂」のシーンでは、神戸浩、松浦祐也、仁科貴、ふせえりといった個性豊かな俳優陣が揃って出演。

 「僕が真知子さんのマイナス部分をカバーしてるのわかってます?」バイヤーの後輩から主人公・真知子へ、衝撃的な一言を投げかけるシーンから始まる予告。そして同じ職場の後輩で人気カリスマ店員に店のSNS用に写真を撮ろうと誘われたのがきっかけで、真知子はSNSに取りつかれていく。

 そんな中、「一度だけあえませんか?」というDMが飛び込んでくる。たった一通のDMからSNSという裏の世界で出会うこととなる、ゆーとと真知子。しかし2人は表の世界でも会うことになり…。平静を装う”ゆーと”に対し、真知子はもう一度あの時の”ゆーと”に会いたいと日が経つにつれて想いが募っていき…