クレーン車が住宅を直撃 杭を抜く際に転倒か

クレーン車が住宅を直撃 杭を抜く際に転倒か

大阪府高槻市で26日夕方、クレーン車が倒れて住宅に直撃した事故で、杭を抜く作業中にバランスを崩し、転倒した可能性があることが分かりました。

 26日午後5時すぎ、高槻市南松原町の解体工事現場でクレーン車が転倒してアームが近くの住宅を直撃し、火災が発生しました。住宅の1階にいた1歳の女の子が、左腕に軽い擦り傷を負いました。一緒にいた母親(29)は「バリバリと音がして煙やほこりに包まれて、慌てて外に逃げた」と警察に話しています。警察はクレーン車が金属の杭を抜く作業中にバランスを崩して倒れた可能性があるとみて、業務上過失致傷の疑いも視野に調べています。