29日から給付金受け付け フリーランスなど対象拡大

29日から給付金受け付け フリーランスなど対象拡大

持続化給付金で新たに対象となった今年、創業したばかりの事業者などについて、経済産業省は来週から受け付けを開始すると発表しました。

 梶山経済産業大臣:「できるだけ早い給付に努めて参りたいと思います」
 新たに対象となったのは、今年1月から3月の間に創業した事業者と、フリーランスなどの個人事業主で、主な収入を「雑所得」や「給与所得」で確定申告していた人です。申請受け付けは今月29日から行われ、来年1月までが期限です。原則、オンラインでの手続きとなりますが、これまでと同様に全国の相談窓口も利用できるということです。支給までの期間は、確認事項が増えることなどから、目安としている2週間程度よりも長くかかるとしています。