リニア中央新幹線 開業遅れる可能性 “トップ会談”物別れ

リニア中央新幹線 開業遅れる可能性 “トップ会談”物別れ

リニア中央新幹線の建設工事をめぐり、静岡県の川勝知事とJR東海の金子社長が初めて会談した。

知事は、JRが求めた工事再開を認めず、2027年の開業は困難な見通しとなった。

リニア工事をめぐっては、JR東海が2027年の開業を目指して各地で工事を進めているが、大井川の水問題をめぐり、静岡県が工事の着工を認めず、協議が難航している。

26日に行われた会談で金子社長は、「国や各自治体から開業の期待を背負っている」と工事の早期着手の必要性を訴え、理解を求めた。

一方、川勝知事は、「リニア自体に反対しているわけではない。しかし、水の問題については、よほど注意してやっていかなければいけない」としたうえで、「(6月中の着工が認められるという認識なのか?)とんでもない。本体工事と一体です。それはもう認められないということです」と述べた。

川勝知事が、準備工事の再開は認められないと明言したことで、JRが目指す2027年の開業は難しい状況となった。

(2020/06/27)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH