九州で記録的大雨に 未明から激しい雨も 土砂災害などに警戒を

九州で記録的大雨に 未明から激しい雨も 土砂災害などに警戒を

活発な梅雨前線の影響で、九州では、27日から記録的な大雨となっている。

28日昼ごろにかけては、関東から四国にも発達した雨雲がかかる見込みで、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要。

27日は、梅雨前線にともなう発達した雨雲の影響で、朝から九州北部で記録的な大雨となり、福岡・久留米市では、1時間あたりの雨量として観測史上最大となる、1時間に92.5mmの猛烈な雨を観測した。

雨がやんだあとには、多くの店舗が、店内に入り込んだ泥や水をかき出す作業に追われていた。

その後、28日未明にかけては、大雨の範囲が九州南部に移り、これまでに宮崎・日南市深瀬で1時間に56mm、鹿児島・南大隅町佐多でも1時間に50mm以上の非常に激しい雨を観測した。

また、大雨の影響で、28日午前5時半現在、宮崎・小林市と綾町に土砂災害警戒情報が発表されている。

九州の大雨のピークは午前中までとみられ、昼ごろにかけては、近畿から関東の広い範囲で活発な雨雲がかかり、局地的な大雨が降るおそれがある。

29日朝までに予想される雨量は、多いところで九州南部、東海、関東甲信で120mmとなっている。

土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要となる。

(2020/06/28)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

#大雨 #洪水 #梅雨前線