「首都圏クラスターを重点調査へ」感染増に西村大臣

「首都圏クラスターを重点調査へ」感染増に西村大臣

新型コロナウイルスの感染者が東京で増加していることについて、西村経済再生担当大臣は、首都圏を中心に新たなクラスターが発生していないか重点的に調査する考えを示しました。

 西村経済再生担当大臣:「東京の感染の状況をしっかり把握し、マッピングしながら対応を考えていきたい」
 西村大臣は東京の感染者が増加するなか、首都圏の新規感染者数が全国に占める比率について、緊急事態宣言が出ている時は5割から6割だったのに対して、直近では8割から9割近くになっていると指摘しました。そのうえで、首都圏の夜の街などを中心に新たなクラスターが発生していないか重点的に分析を進めて、対応していく考えを示しました。