「緊急事態下と同レベル」 小樽で新たに14人感染

「緊急事態下と同レベル」 小樽で新たに14人感染

北海道小樽市で新たに14人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。全員がいわゆる「昼カラオケ」の利用客だったということです。

 小樽市・迫俊哉市長:「本市の状況は緊急事態宣言下レベルと同程度の状況にあるものと大変、強い危機感を抱いているところであります」
 感染したのは小樽市内に在住の60代から80代で、いずれも軽症か無症状でした。これで昼カラオケに関連する感染者は32人になりました。感染の拡大を受けて、小樽市は「昼カラ」の店に営業の自粛を求めるとともに、市独自の協力金を出すことを検討します。