静岡 女子大学生殺害事件 被害者の近くにナイフ

静岡 女子大学生殺害事件 被害者の近くにナイフ

静岡県沼津市で19歳の女子大学生が殺害された事件で、凶器とみられるナイフが被害者のすぐ近くで見つかっていたことが新たに分かりました。

 堀藍容疑者(20)は27日、沼津市の路上で大学生の山田未来さんを刃物で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。山田さんはアルバイトからの帰宅途中とみられ、搬送先の病院で死亡しました。関係者によりますと、倒れていた山田さんの脇に凶器とみられる刃渡り15センチほどのナイフが落ちていたということです。堀容疑者が山田さんに馬乗りになる姿を付近の住民に目撃されていました。警察は29日に堀容疑者を送検し、事件についてさらに詳しく調べる方針です。