米南部で感染拡大 副大統領がマスク着用呼びかけ

米南部で感染拡大 副大統領がマスク着用呼びかけ

新型コロナウイルスの世界の死者が50万人を超えました。4分の1を占めるアメリカでは、南部での感染拡大が深刻になっています。

 アメリカで最も感染拡大が懸念されている南部フロリダ州では28日、新たな感染者が8577人に上りました。また、テキサス州では5747人と、ともに過去最多となった前日より若干減少したものの、記録的な増加傾向が続いています。さらに、ジョージア州などで一日の感染者が過去最多となっていて、南部を中心に感染の拡大が懸念されています。
 ペンス副大統領:「マスク着用は良いことだ。感染拡大を遅らせられるだろう」
 ペンス氏はテキサス州でアボット州知事とそろって会見し、マスクを着用するよう呼び掛けました。ペンス氏は今月中旬には新型コロナウイルスの「第2波はない」などと経済紙に寄稿していて、マスクの着用を訴えるのは異例です。この日は自らもマスクを着けてテキサス入りしました。