「3秒で折り畳み」「水滴ツルン」傘の注目機能は・・・

「3秒で折り畳み」「水滴ツルン」傘の注目機能は・・・

この先、まだまだ出番が増える傘ですが、なんと驚きの進化を遂げています。

 たったの3秒で折り畳める傘とは一体・・・。面倒なのが、折り畳み傘の弱点。驚きの早さを実現している秘密は、内側に貼られた形状記憶素材です。畳む時にガイドの役割になり、しわにならずにスルリと元の形に戻っていきます。
 渋谷ロフトバラエティ雑貨・足谷暁世マネージャー:「次にオススメするのはバックプロテクトという傘」
 雨の日に濡れてしまいがちな背中のバッグ。しかし、バックプロテクトという傘を開けば・・・。
 渋谷ロフトバラエティ雑貨・足谷暁世マネージャー:「リュック背負ってる時、後ろのリュックが濡れない。男女ともに今、リュックの人が多いのでビジネスシーンでも通常でも使って頂ける」
 一部分だけ素材が長く作られていてバッグが濡れにくくなるといいます。
 渋谷ロフトバラエティ雑貨・足谷暁世マネージャー:「アンヌレラという傘で濡れない傘です。水滴とか雨を垂らしてもらったら、一瞬ではじく」
 特殊な撥水(はっすい)加工を施しているので、次々と水滴がツルルンと転がり落ちていきます。一度、傘を振るだけでほとんど水滴が残りません。
 こうした今年もバラエティー豊かな傘が出そろうなか、コンビニエンスストア各社でも「逆さ傘」など、ビニール傘以外も販売開始。流通アナリストの渡辺広明さんに今年の傾向を聞くと・・・。
 流通アナリスト・渡辺広明さん:「日本の傘の総販売量の約半分をコンビニで販売しているといわれています。傘の販売場所としてNO.1チャンネルとして認知が広がった。