双葉町長ら小泉大臣に帰還困難区域全域の除染を要望

双葉町長ら小泉大臣に帰還困難区域全域の除染を要望

福島第一原発事故により住民の避難が続く福島県双葉町の町長らが小泉進次郎環境大臣を訪れ、帰還困難区域全域の除染を要望しました。

 29日午後、小泉大臣を訪問したのは福島第一原発周辺の自治体の首長と町村議会の議長らです。帰還困難区域について政府は一部の拠点区域を除いて除染の方針を示しておらず、避難指示解除の見通しは立っていません。帰還困難区域が町の大部分を占める双葉町の伊澤町長は住民の帰還のため、拠点区域以外の全域で除染を進めることを求めました。
 小泉進次郎環境大臣:「それぞれの地域の思いを受けてどのように物事を前に進めていけるか、環境省としてもしっかり皆さんとの意見交換を絶やさずにやっていきたいと思う」
 帰還困難区域を巡っては、福島県飯館村は除染をしなくても避難指示を解除するよう要望していて、自治体の間で考えが分かれています。政府は近く放射線量が一定以下の地域に限り、除染せずに解除しても安全上、問題がないか原子力規制委員会に意見を聞く方針です。