英女王別荘地でも 外出制限で“トイレ不足”問題に

英女王別荘地でも 外出制限で“トイレ不足”問題に

イギリスでは外出制限で公衆トイレの閉鎖が続いているため、屋外で用を足す人が増えて問題になっています。その影響はエリザベス女王の別荘地にまで波及しています。

 イギリスでは公衆トイレが使えず、公園の茂みなどで用を足す人が増えて問題となっています。さらには、エリザベス女王の別荘「バルモラル城」の敷地内でも使用済みのトイレットペーパーが散乱しているのが見つかりました。バルモラル城はツイッターに「失望した」と投稿し、そのうえで付近には開放している公衆トイレはないと注意を呼び掛けています。