米国人へのビザ発給を制限 香港巡る米の制裁に対抗

米国人へのビザ発給を制限 香港巡る米の制裁に対抗

香港への「国家安全法制」の導入を巡るアメリカからの制裁に対抗し、中国側が“悪質な”行いをしたアメリカ人へのビザ発給を制限すると発表しました。

 中国外務省・趙立堅副報道局長:「香港における『国家安全法制』の推進を妨げようとする米国のたくらみは決して実現しない」
 中国外務省は29日、アメリカ国務省が発表した中国の政府関係者へのビザ発給を制限する制裁措置について、「他国が介入すべきことではない」と改めて反発しました。そして、対抗措置として「香港問題を巡り、悪質な行いをしたアメリカ人に対し、ビザの発給を制限する」と発表しました。具体的にどのような人物が対象になるのかという記者からの質問に対しては「対象者は心の中で分かっているはずだ」と答え、詳細は明らかにしませんでした。