5月の完全失業率は2.9% 3カ月連続で悪化

5月の完全失業率は2.9% 3カ月連続で悪化

先月の完全失業率は2.9%で、4月に比べて0.3ポイント悪化しました。悪化は3カ月連続です。

 総務省によりますと、勤め先や事業の都合による離職が12万人増加するなど失業者数は去年の5月に比べて33万人増加しました。完全失業者は198万人と200万人に迫り、新型コロナウイルスの影響による雇用情勢の悪化が顕著となっています。総務省は「緊急事態宣言が解除され、経済活動が動き出した6月の雇用情勢を注視したい」とコメントしています。