「持続化給付金」巡る支出 第三者交え検査を開始

「持続化給付金」巡る支出 第三者交え検査を開始

梶山経済産業大臣は「持続化給付金」を巡るこれまでの支出が適正だったかどうか外部の専門家を交えた検査を始めたことを明らかにしました。

 梶山経済産業大臣:「非常に重要な中間検査であるという認識を持っている」
 持続化給付金を巡っては、業務の委託を受けた団体が多くを大手広告会社に再委託していたことで業務の実態が不透明と指摘されています。梶山大臣はこれまでの支出が適正だったかどうか調べる中間検査を29日から始めたことを明らかにしました。今後、外部の専門家も交えて検査の方針を決めるとしていますが、すでに2次補正予算分の委託先について公募に応じる事業者がいるか調査が始まっていて、検査の結果がどこまで反映されるかは不透明です。