“強制不妊手術”賠償認めず「命の限り戦う」

“強制不妊手術”賠償認めず「命の限り戦う」

強制不妊手術をめぐる裁判で、東京地裁は30日、国の賠償責任を認めませんでした。北三郎さん(仮名・77)は、14歳の時に旧優生保護法により、不妊手術を強制されました。長年、連れ添った妻に打ち明けることができたのは、7年前に妻が病気で亡くなる前日でした。

北さんは3000万円の賠償などを求め、国を訴えていました。裁判の大きな争点は、不法行為から20年が過ぎると賠償が求められなくなる“除斥期間”が適用されるかどうかです。北さんは、手術の内容や被害の実態を具体的に知らされていませんでした。「その状況で、賠償を求める権利が自動的に消滅するのは酷である」などと主張しました。東京地裁は30日、「優生手術が憲法で保護された自由を侵害した」とは指摘したものの、「賠償を求める権利は消滅している」などとして、北さんの訴えを退けました。

判決後、北さんは「体が震えた。なぜ、こんなに私は言われないといけないのか。とてもつらい。不当な裁判。私は命の限り戦っていく」と語りました。