預金を下ろそうと・・・46歳長男が母親の遺体放置か

預金を下ろそうと・・・46歳長男が母親の遺体放置か

東京・杉並区のアパートで母親の遺体を遺棄したとして埼玉県に住む46歳の長男が逮捕されました。

 建設作業員の藤原孝浩容疑者は去年8月、杉並区のアパートに母親の正子さん(83)の遺体を約10日間放置した疑いが持たれています。警視庁によりますと、藤原容疑者はアパートを訪ねた際に母親が死亡しているのを見つけましたが、遺体をそのままにしたうえで近所の住民には「近々病院に連れていく」と嘘の説明していました。その後、「異臭がすごい」と連絡があり、正子さんの世話をしていた住民が合い鍵を使って部屋に入って遺体を見つけました。藤原容疑者は近くの女性に母親のふりをしてもらうよう依頼して口座から現金を引き出そうとしましたが、結局、下ろせなかったということです。