東日本の太平洋側“今年一番の大雨” 土砂災害警戒

東日本の太平洋側“今年一番の大雨” 土砂災害警戒

1日は、東海など東日本の太平洋側を中心に激しい雨が降っていて、総雨量が300ミリを超えた所もあり、今年一番の大雨になっています。

 梅雨前線が本州付近を通過するのに伴って前線に近い東海地方では激しい雨が降っていて、24時間の雨量は愛知県の茶臼山で今年初めて300ミリを超えました。大雨は2日にかけても続くとみられています。2日朝までの雨量は東海で200ミリと予想され、静岡県では総雨量が500ミリを超える恐れがあります。関東も断続的に雨や風が強まり100ミリを超える大雨になる予想です。
 神奈川県箱根町の芦ノ湖では大雨と強風の影響で遊覧船の運航が中止になっています。箱根町ではこれまでのところ大きな被害は出ていませんが、神奈川県西部では2日朝までに120ミリの大雨が予想されていて、町は警戒を続けています。