東海道新幹線「N700S」デビュー 安全・乗り心地↑

東海道新幹線「N700S」デビュー 安全・乗り心地↑

東海道新幹線で13年ぶりにフルモデルチェンジした新型車両「N700S」が1日にデビューしました。

 新型車両、N700Sは停電でも長時間止まらないようバッテリーによる自力走行ができ、緊急ブレーキを掛けた際にこれまでより短い距離で停止できるなど安全性が向上しました。また、これまで窓側だけだったコンセントがすべての席に付くなど、より便利になりました。
 乗客:「今までのN700とそんなに変わらないと思っていたが、実物を見てみると細かい所が全然違う。(座席の)硬かった部分がフワッとした。座り心地で全然違う」
 N700Sは1日に4編成がデビューし、今後3年間で全体の約3分の1にあたる40編成が導入される予定です。