レジ袋“有料化”始まる 大阪ではエコバッグ配布も

レジ袋“有料化”始まる 大阪ではエコバッグ配布も

プラスチックごみ削減に向けたレジ袋の原則・有料化が全国のコンビニやスーパーなどで始まり、袋が必要か客に確認する姿が見られました。

 コンビニ大手のローソンとファミリーマートはレジ袋を1枚あたり3円で、セブン-イレブンは3円から5円で販売します。有料化の対象は持ち手の付いたプラスチック製の袋で紙袋や布袋、そして植物由来のバイオマス素材を25%以上含むレジ袋などは対象外です。大阪の繁華街では、レジ袋有料化に合わせて特製エコバッグを配るキャンペーンが行われました。
 買い物客:「これエコバッグやな。これはええわ。これ利用できるもんな」
 政府は2030年までにペットボトルやレジ袋などの使い捨てプラスチックの排出量を25%削減する方針です。