“無料”のレジ袋 “有料”との違いはナニ?

“無料”のレジ袋 “有料”との違いはナニ?

コンビニ店でレジ袋代がかかって有料化に気付いた人も少なくないのではないでしょうか。でも見た目はそっくりなのに無料のレジ袋もあります。その違い、ご存じでしょうか。

 見た目も感触もほとんど変わりません。ところが、かたや有料、一方は無料。その違いはここ。実は、無料のごみ袋は環境に優しい素材が含まれています。石油などではない、いわゆる「バイオマス」と呼ばれる材料が25%以上使われていると有料にしなくてもいいのです。ちなみに、そのバイオマスの原料はというと、お米を原料にしてレジ袋を作っています。原料は主に動植物由来のものが使われています。
 国連の環境問題に関する機関は「環境に優しい素材を使用しても使い捨てである限り、地球環境に完全に配慮することはできない」などと指摘しています。こうした指摘を政府は、どう受け止めているのでしょうか。
 小泉進次郎環境大臣:「生分解性については質の問題があれば環境に対する負荷がむしろ大きくなってしまうというのはその通りだと思います。一つひとつ色々な疑問や懸念に対して丁寧に説明していくことが大事だと思う」
 今回のレジ袋の有料化で環境問題が完全に解決するわけではありませんが、環境への関心が高まればといいます。