死者49人、今も11人が行方不明 熊本県で記録的大雨

死者49人、今も11人が行方不明 熊本県で記録的大雨

熊本県の記録的な大雨ではこれまでに49人の死亡が確認されています。今も11人が行方不明のままです。

 球磨川が氾濫して市街地が広い範囲で浸水した人吉市では17人が犠牲になり、球磨村では水没した特別養護老人ホームの14人を含めて17人の死亡が確認されています。また、宇城市でも海岸で1人の女性の遺体が見つかるなど、死者は合わせて49人となり、今も11人の行方が分かっていません。また、7日朝に山鹿市と小国町の付近で1時間に110ミリの雨が降ったとして記録的短時間大雨情報が発表され、山鹿市では雨による冠水で車が水没し、救助された男女2人が心肺停止の状態です。