ブラジル大統領が感染か きょうにも検査結果が判明

ブラジル大統領が感染か きょうにも検査結果が判明

南米ブラジルのボルソナロ大統領は、新型コロナウイルスに感染した疑いがあることを明らかにしました。

 CNNなどによりますと、ボルソナロ大統領は6日、自身に38度の熱があり、抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンを服用していることを発表しました。新型コロナウイルスに感染した疑いがあり、今週の予定はすべてキャンセルしたということです。PCR検査のほか、肺の検査も受けていて、7日にも結果が判明する予定です。経済活動を優先するボルソナロ大統領は新型コロナウイルスを「ただの風邪」と軽視し、これまでマスクをせずに支持者と接してきました。保健省によりますと、ブラジルの感染者は162万人以上で世界で2番目に多く、死者は6万5000人を超えるなど感染の拡大が深刻になっています。