発生時期不明の土砂崩れ現場から一部白骨化した遺体

発生時期不明の土砂崩れ現場から一部白骨化した遺体

土砂崩れの現場から一部が白骨化した遺体が見つかりました。

 警察などによりますと、7日午後2時半ごろに岐阜県高山市清見町の林道で土砂崩れが起きているのを見つけた市の職員から「土砂の中から埋まった足2本が見える」と通報があり、現場から頭部が白骨化した1人の遺体が見つかりました。遺体は性別不明で、衣服や靴を着用している状態だということです。この林道は災害時のみ市の職員が見回っていて、去年9月以降、パトロールは実施されておらず、土砂崩れがいつ起きたのか分かっていません。