熊本県 死者54人に 今も10人の行方が分からず

熊本県 死者54人に 今も10人の行方が分からず

熊本県ではこれまでに54人の死亡が確認され、10人の行方が分かっていません。

 山鹿市では7日、冠水した車の中で80代の夫婦が心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。また、球磨川が氾濫して市街地が広範囲に浸水した人吉市では18人、特別養護老人ホームが水没した球磨村では17人、芦北町では土砂崩れに巻き込まれるなどして10人が死亡しました。これまでに県全体で54人が死亡、2人が心肺停止、今も10人の行方が分かっていません。避難所は19の市町村139カ所に設置されていて、466世帯1893人が身を寄せています。