日本向けワクチン6000万人分で米製薬会社と合意

日本向けワクチン6000万人分で米製薬会社と合意

政府は新型コロナウイルスのワクチン6000万人分を日本向けに供給することでアメリカの製薬会社と基本合意したと発表しました。

 加藤厚生労働大臣:「本日、米国ファイザー社が新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した場合、来年6月までに6000万人分のワクチンを日本に対して供給を受けるということについて、ファイザー社と基本合意に至りました」
 加藤厚労大臣が取材に応じ、アメリカの製薬会社「ファイザー」との間で基本合意したと発表しました。ファイザーが開発しているワクチンが完成すれば来年6月末までに6000万人分を日本向けに供給することになるということです。ファイザー以外の他社とも協議を続けるとしています。