新たな“4段階の指標”・・・安倍総理の説明は?

新たな“4段階の指標”・・・安倍総理の説明は?

感染拡大がとどまる気配を見せないなか、政府は31日、専門家を交えた新型コロナの対策分科会を開き、現状の分析と今後の対策について検討を行いました。分科会では、感染状況を『散発』『漸増(ぜんぞう)』『急増』『爆発』の4段階に分けました。現在、東京都や大阪府などの大都市圏は『漸増』段階にあると分析しています。
新型コロナ感染症対策分科会の尾身会長:「最終的な“感染爆発段階”にいってから緊急事態宣言を出しても遅い。緊急事態宣言を仮に出すのであれば、爆発段階にいく前『急増』に予兆を見つけて、すぐにやる」
分科会では、どういった指標が出ると段階が変わるのか、具体的な数値は示されませんでした。
新型コロナ感染症対策分科会の尾身会長:「あえて、きょうは(数値を)出さなくて、次の分科会で最終結論を得たい」
菅官房長官:「政府の対応としては、専門家のご議論を踏まえたうえで検討していく」

重症者を受け入れている東京医科歯科大学病院では30日時点で、重症4人、中等症19人が入院しています。この病院での重症と中等症患者の数を見ると、4月下旬にピークを迎えています。その後、どちらも落ち着きますが、今月中旬から中等症患者の数が急に増えています。
東京医科歯科大学病院・荒井裕国副院長:「今の状況ではひっ迫状態ではないですが、この後の経過を予測してみると、ひっ迫前夜というような状況。ウイルスは嘘つきませんから、ちゃんと広がる時は広がるし、それなりの策を施していないと、とんでもないことになっていく。現実を見て、科学的な視点に立って政策を施していくのが、今、国にとって一番やらなきゃいけないことではないか。今からでも勇気を持って、本気度を出してもらいたい」

こうした状況のなか、野党4党は31日、政府に臨時国会を開くよう要求しました。
安倍総理:「通常国会は、先月閉幕したが、ほぼ毎週、閉会中審査を行っていた。コロナ対応、集中豪雨対策等について、タイムリーに審議が行われたものと承知している。