「1000万歳の赤ちゃん銀河」世界で初めて発見

「1000万歳の赤ちゃん銀河」世界で初めて発見

これまでに見つかった銀河のなかでもっとも若い「赤ちゃん銀河」が見つかりました。その年齢は1000万歳です。

 夏の星座として有名なヘルクレス座の方向、4.3億光年で青白く輝く天体が新たに見つかった銀河です。年齢はこれまでに見つかった銀河のなかでは一番若い約1000万年です。ちなみに、地球がある銀河系は誕生から130億年経っています。ハワイにある国立天文台の「すばる望遠鏡」で観測した約4000万個の天体のデータを東京大学などの国際研究チームがAI(人工知能)を使って星の特徴を繰り返し分析し、発見しました。
 東京大学・大内正己教授:「今回の私たち発見は、こうしたまれな赤ちゃん銀河が少子高齢化した社会(宇宙)にも生まれて存在していることを示したような結果になっています」
 研究チームによりますと、こうした若い銀河を発見したのは世界初で、銀河がどうやって生まれたのかなど、その成り立ちの解明につなげたいとしています。