お盆帰省 西村大臣「慎重に」今週にも分科会で協議

お盆帰省 西村大臣「慎重に」今週にも分科会で協議

全国で新型コロナウイルスの新規の感染者が増加するなか、西村経済再生担当大臣はお盆の帰省について今週にも専門家による分科会を開催して対策を検討する考えを示しました。

 西村経済再生担当大臣:「実家に帰るとなると、お年寄り、おじいちゃん、おばあちゃんがおられるケースがありますので、そこは慎重に考えないといけないんじゃないかという気持ちは私自身、持っていますけれども、専門家としてどういうふうに今の感染状況を分析されて、どういった対策を取るべきか、どう考えるべきかということはしっかり議論頂いてご意見を頂いたうえで政府として適切に判断をしていければと考えています」
 西村大臣は無症状の若者や子どもから高齢者に感染が広がるリスクを指摘し、「どのような行動を取るかそれぞれの立場で考えてほしい」と呼び掛けました。また、感染した人や医療従事者らに対する中傷や差別が起きている問題について、対策を協議するワーキンググループの人選を急ぐ考えを示しました。