各地で『猛暑日』“コロナ”と“暑さ”との戦い

各地で『猛暑日』“コロナ”と“暑さ”との戦い

4日は、東北から西日本の広い範囲で気温が上昇し、全国34の地点で35度以上の『猛暑日』となりました。全国で最も暑かったのが福岡県太宰府市で、最高気温36.2度を記録。今年一番の暑さとなった東京都では、33.1度まで気温が上がりました。危険な暑さが続くなか、東京都葛飾区に住む女性(81)が2日、熱中症のため、死亡していたことがわかりました。東京都内では、今年初めてです。こうしたなか、東京都では4日、新たに309人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。8日連続の200人超えです。重症者は3日より7人増えて22人になりました。

熱中症と新型コロナウイルス。部活動を行っている高校生らにとって、厳しい夏となりそうです。時に激しくぶつかり合う剣道。人間相手の稽古となれば、ソーシャルディスタンスは取れません。部員らは飛沫防止のため、マスクに加え口元を覆うシールド、その上に面をかぶっています。
 神奈川県立荏田高校・剣道部員の伊藤駿汰さん:「(口元を)ふさいでいる分、曇る感じ。こもる感じがある。慣れていないので、正直きつい」
窓は常に全開にして換気を徹底。暑さを避けるため、扇風機4台をフル稼働し、稽古は午前11時までにしているそうです。
 神奈川県立荏田高校・剣道部の今里学顧問:「『感染防止』と『熱中症』この両方に気を配らなければいけない。両立するのは難しい場面があって、早めに休憩をとって、水分をとらせて様子を見ながらです。この夏は、本当にそんな厳しい練習はできないなと思う」

全国で感染拡大が止まりません。神奈川県では4日、89人の感染が確認されました。過去最多です。
 神奈川県・黒岩知事:「クラスターが発生したというものじゃない。市中の感染が広がっている可能性がある。大変、緊張感を持って見つめている」
沖縄県でも、過去最多83人の感染が確認されました。この1週間の感染者数は、400人以上に上ります。
 沖縄県の会見:「徐々に感染経路が分からずに軽症の方が診断されてきている。かなり市中感染が広がっていて、それで感染を受け、診断される方が多い」

感染拡大が止まらないなか、野党は4日、臨時国会の開会を求めましたが、政府・与党は応じない考えを示しました。
 安倍総理:「今までも与野党が合意をして、適時国会において、委員会が閉会中審議が開催されていると承知をしている。臨時国会については、今、コロナ対策を含め、諸課題を整理したうえで、与党としっかり相談して対応していきたいと考えている。(帰省や特措法について考え方が違うのではという指摘について)政府としての対応について、菅長官と西村大臣が、考え方が違っているということではない。例えば、帰省について、どう考えるかということについても、政府として発信をすることを考えている、考え方についても、当然、これ菅長官も西村大臣も統一をしていくわけですし、私も節目、節目に話をしている。『GoToトラベル』についても、感染対策について、十分な対応を取ったなかにおいて行っているということである」

◆これまで約100人の新型コロナ患者を治療してきた日本赤十字社医療センターの出雲雄大先生に聞きます。
※日赤医療センターは、東京の重点・中核病院ですが、実際、現場はどうなっているのでしょうか。
 出雲先生:「当院では重症患者さんが増えており、先週から5名の患者さんが人工呼吸管理になっています。4日も重症患者さんが他院から搬送されてきました。4月中ごろと同じようになってきており、ひっ迫する可能性が高いと思っています」

※今後、医療崩壊を防ぐには、どうすればいいでしょうか。
 出雲先生:「現場では“治療法を確立”すること。重症・重篤な患者さんを出さないことです。人工呼吸器やECMOなどが必要な、非常に重症である『重篤』な患者には、多くの看護師や医師などが必要になってしまいます。重篤患者には、医療従事者も濃厚に接触して治療しなければいけないので、スタッフに感染し、院内感染が起こってしまう可能性が非常に高くなります。そうすると医療従事者の数が減り、人手不足になって、コロナ以外の患者さんの治療も満足にできなくなってしまう医療崩壊につながる可能性が高くなります。