群馬・高崎市で記録的大雨 猛暑一転…各地で雷・冠水

群馬・高崎市で記録的大雨 猛暑一転…各地で雷・冠水

12日も熱中症警戒アラートが出され、猛暑に見舞われた関東だが、群馬県に記録的短時間大雨情報が出るなど、一転して各地でゲリラ豪雨に襲われ、道路の冠水や停電など被害が相次いでいる。

空を切り裂くような稲光と、とどろく雷鳴。

さらに、ものすごい勢いで噴き上がる水。
上の案内標識と同じ高さにまで達していた。

危険な暑さから一転、関東各地を襲ったのはゲリラ豪雨。

午後5時前には、群馬・高崎市吉井町付近で、1時間におよそ100mmの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が出された。

突然の大雨は、冠水、落雷、そして停電をもたらした。

12日も全域で、熱中症警戒アラートが出されていた関東。

街の人「じりじりしてすごく暑いです」

群馬・前橋市で最高気温37.9度、山梨・甲州市勝沼で38度を超えるなど、各地で体温を超える危険な暑さとなった。

12日、最高気温35度以上の猛暑日となったのは、全国で144地点。

東京都心も3日連続の猛暑日に。

八王子市のキャンプ場には、涼を求める家族連れが集まっていた。

訪れた人「暑かったけど、ここに入ったらすぐに気持ちよくなった」

しかし、厳しい暑さと湿った空気の影響で、大気の状態は昼前から次第に不安定に。

午後1時50分ごろ、埼玉・越谷市では、激しい雨とともに、雷が空を切り裂いた。

越谷市では、観測史上最も多い、1時間で80.5mの猛烈な雨を観測。

視界を遮るほどの激しい雨。
さいたま市内の交差点では、まるで噴水のようにマンホールから水が噴き出していた。

道路の冠水は各地で発生。

ヘッドライトまで水に漬かりながら徐行する路線バス。
走り去ったあとには、白波が立っていた。

東京都内でも。
雷門の下で観光客が雨宿りしていた。

ほんの少し前までは晴天だった八王子市のキャンプ場でも。

訪れた人「雨すごかったですね、バーッと」、「一瞬で降ってゲリラっす!」

怖いのは、川の急激な増水。

キャンプ場の管理者は、利用客に避難を促した。

夕やけ小やけふれあいの里・後藤正幸園長「何時間もたてば、川の水が一気に増えるということも想定されるので、その場合にはこの川には入らないでっていう禁止措置をとらせてもらうつもりでいる」

大雨は公共交通機関も襲った。

走る列車の窓に打ちつける雨。
運転席からは、線路がかすかに見える程度。

JR東川口駅では、雨水が階段から滝のように流れ、券売機の前は冠水していた。

また、その駅構内では、停電も発生していた。

停電は、東京都内でも発生。

東京・杉並区で一時、2,540軒が停電した。

13日も関東から西は大気が不安定に。

突然の雷雨などに注意が必要。

#ゲリラ豪雨

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH