商業施設のトイレで21歳女性を殺害 刺し傷が全身に

商業施設のトイレで21歳女性を殺害 刺し傷が全身に

福岡市の商業施設で21歳の女性が刃物で刺されて死亡した事件で、刺し傷は女性の全身に及んでいたことが分かりました。

 28日、福岡市中央区にある商業施設の女子トイレで客の吉松弥里さんが刃物で刺され、その後に死亡しました。司法解剖の結果、吉松さんの死因は出血性ショックでした。警察によりますと、刺し傷は首をはじめ、全身に及んでいたことから、犯人が吉松さんを執拗(しつよう)に刺したとみています。また、現場近くで血の付いた包丁を持っていた自称・15歳の少年が銃刀法違反の疑いで逮捕されていますが、警察の調べに対して意味不明な供述を繰り返しているということです。