日産復活の象徴に・・・新「フェアレディZ」試作機公開

日産復活の象徴に・・・新「フェアレディZ」試作機公開

日産自動車は会社を代表するスポーツカー「フェアレディZ」の新型をイメージした試作機を公開しました。

 日産自動車・内田誠社長:「伝統に忠実であることを大切にした。Zを所有し、楽しんできたお客様の期待に応えたい」
 日産が発表したのは7代目となるフェアレディZの試作機で、フロント部分が長い「ロングノーズ」といわれるこれまでのデザインを継承しています。フェアレディZは日本とアメリカで50年以上にわたって販売されています。過去には一度、生産停止になったこともありましたが、カルロス・ゴーン元会長が日産復活の象徴として生産を再開させていました。今回公開した新型は1年以内にも発売するとみられ、再び業績回復のきっかけとしたい考えです。