東京五輪 コロナ対策 外国人選手5回検査を検討

東京五輪 コロナ対策 外国人選手5回検査を検討

政府は新型コロナウイルスへの対応で、東京オリンピック・パラリンピックに出場する外国人選手に最低5回の検査を求める方向で検討していることが分かりました。

 政府は出入国管理の議論を進めるなかで外国人選手については出国前の72時間以内、入国時、キャンプ地と選手村に到着した時、そして競技前の最低5回、検査を求める方向で検討していることが分かりました。検査は滞在期間に合わせて定期的に実施を求め、日本人選手も選手村到着時や競技前など最低3回の検査が必要となる方向です。選手と接触する可能性がある関係者も対象となる見通しです。