新型コロナ第2波が深刻のパリ 夜間外出禁止が開始

新型コロナ第2波が深刻のパリ 夜間外出禁止が開始

新型コロナウイルスの第2波が深刻なフランスのパリで17日に新たな対策として夜間外出禁止が始まり、最初の夜を迎えました。

 パリやマルセイユなど9つの地域で17日、午後9時から午前6時までの外出が仕事の場合などを除いて禁止されました。罰金は約1万7000円です。
 レストランの店員:「これを見て下さい。普段ならまだ営業は続いているはずなのにもう閉店です。きょうからは8時に営業をやめて8時半には片付けです」
 犬の散歩をするパリ市民:「散歩はしていいんです。ロックダウン時と同じ外出許可書を持って犬を散歩しています」
 ヨーロッパでは17日、3万2427人の新規感染者を記録したフランスのほか、イタリア、ベルギーでも過去最多を記録するなど感染拡大が深刻です。