コロナ禍で外交再開 菅総理 初外遊で東南アジアへ

コロナ禍で外交再開 菅総理 初外遊で東南アジアへ

菅総理大臣は就任後、初めての外遊としてベトナムとインドネシアを訪問します。新型コロナの感染状況に配慮しながら、首脳外交を再開することになります。

 今回、菅総理をはじめとする政府職員、そして我々同行記者もすでにPCR検査を受け、「陰性」という結果を受けての出国となります。首脳会談のメインテーマはウィズ・コロナの経済で、人の往来の再開などについて協議します。特にベトナムは感染状況が安定しているため、ビジネス関係者についての入国後14日間の隔離の免除に向けた交渉が大詰めを迎えています。
 また、マスクなどの医薬品の分野で日本へのサプライチェーンの強化についても確認する予定で、中国一辺倒だった供給先をいざという時に備えて分散させる狙いがあります。
 そして、もう一つのテーマは中国をにらんだ安全保障です。日本は安倍政権以来、太平洋とインド洋を結ぶ地域の自由と法の支配の重要性を訴えているのですが、中国は進出を強める一方です。この地域のど真ん中にある東南アジアの主要2カ国を訪問することで菅政権としても対中国での連携強化を打ち出す狙いがあります。