住宅目の前で道路陥没 外環道工事との関連は?

住宅目の前で道路陥没 外環道工事との関連は?

東京・調布市の住宅街で道路が陥没し、直径5メートルほどの穴が開きました。周辺の住民が避難する事態になっています。

 警視庁によりますと、18日正午すぎ、調布市東つつじケ丘の住宅街で「道路が陥没している」と110番通報がありました。住民によりますと、18日午前8時ごろに住宅の目の前の道路に亀裂が入り、正午ごろに陥没しました。穴の直径と深さはいずれも5メートルくらいで、中に水がたまっています。
 近所の人:「どんどん亀裂が広がって『ドーン』『ザー』という水の音もして1回だけではなく、時間をおいてまた聞こえてかなり恐怖を感じた」
 現場の地下40メートルでは高速道路「外環道」のトンネル工事が行われています。工事と陥没との関連は分かっていませんが、外環道を管理するネクスコ東日本が付近の一部の世帯に避難を呼び掛けています。