菅総理が帰国 経済、安全保障の面で連携強化を確認

菅総理が帰国 経済、安全保障の面で連携強化を確認

菅総理大臣は21日夜、初の外遊となった東南アジアから帰国しました。対面での首脳会談や政策スピーチをこなし、経済と安全保障の両面から連携強化を確認しました。

 菅総理大臣:「日本は南シナ海の緊張を高めるいかなる行為にも反対をします」
 菅総理は特に安全保障に関して南シナ海で軍事力を拡大する中国を牽制(けんせい)し、日本の立場を改めて印象付けました。ベトナム、インドネシア両国と連携強化を確認し、菅総理は「信頼関係を一層深めることができた」と成果を強調しました。初の外国訪問を終えた菅総理は22日から26日に召集の臨時国会に向け、準備を加速させることになります。