来月からの再開に向けて 飛鳥IIが試験運航終え帰港

来月からの再開に向けて 飛鳥IIが試験運航終え帰港

来月からの運航再開に向けて船内の感染防止策を審査するため、3日間の試験運航を終えた大型クルーズ船「飛鳥II」が21日に横浜港に帰港しました。

 飛鳥IIは19日から2泊3日で横浜と神戸を往復し、日本海事協会が船内のアクリル板の設置状況や検温装置の配置場所などの感染防止策を審査しました。
 日本海事協会・福原智幸さん:「マニュアルに書いていることをしっかり対応されていたのかなと印象を受けた」
 航海中には乗客2人が感染したという想定で感染者を他の乗客と別のルートで下船させる手順などが確認されました。