渋谷バス停で女性殴られ死亡 「場所移動してと・・・」

渋谷バス停で女性殴られ死亡 「場所移動してと・・・」

東京・渋谷区で女性を殴って死亡させたとして逮捕された男が事件前日、女性に対して「場所を移動してほしいと話をしたが、らちが明かなかった」と供述していることが分かりました。

 吉田和人容疑者(46)は16日、渋谷区幡ケ谷のバス停で路上生活者とみられる大林三佐子さん(64)の頭を殴って死亡させた疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、吉田容疑者が事件前日にバス停にいた女性に対して「場所を移動してほしくて女性と話をしたが、らちが明かなかった」と供述していることが新たに分かりました。吉田容疑者は「痛い思いをさせればいなくなると思った」とも話していて、警視庁は事件前日のやり取りが犯行につながったとみて調べています。