北朝鮮が「核保有は自己防衛策」 国連の軍縮会議

北朝鮮が「核保有は自己防衛策」 国連の軍縮会議

アメリカ・ニューヨークで開かれた軍縮会議で北朝鮮が「核保有は自己防衛策」と主張し、非核化を求めて制裁を続けるアメリカを強く牽制(けんせい)しました。

 北朝鮮外務省、チャン・イルフン氏:「米国が力で北朝鮮を征服しようとするなら、我々は主権と利益を守るために新しい方法を模索せざるを得ない」
 22日に国連本部で開かれた軍縮会議で、北朝鮮は「核保有はアメリカの敵対的政策に対する自己防衛策」と主張し、アメリカが経済制裁を続ければ「新たな方法を模索する」と強調しました。また、ミサイル発射実験についても「自衛能力を強化する手段」と正当化し、国際社会からの批判に反発しました。