自民・伊吹氏「憲法改正理由の解散は違憲」動き牽制

自民・伊吹氏「憲法改正理由の解散は違憲」動き牽制

自民党の伊吹元衆議院議長が「憲法改正を理由にした解散は違憲だ」と指摘しました。

 自民党・伊吹元衆院議長:「もし憲法改正を議論に、テーマにして解散するというようなことが万一起こったら、これは憲法違反になる。完全な」
 伊吹元議長は「憲法改正の発議権は国会にあり、解散権は内閣にある」と指摘したうえで、「自分の権限の外にあるものを理由に自分の権限を行使するのは憲法上、許されない」と強調しました。安倍総理が憲法改正に意欲を見せる一方、国会での議論は進んでいません。党内の一部からは憲法改正を大義とした衆議院の解散が行われるのではないかとの見方もくすぶるなか、こうした動きを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられます。