医療費の患者負担増に医師会から反対意見

医療費の患者負担増に医師会から反対意見

安倍総理大臣が掲げる全世代型社会保障制度の実現に向けた検討会議で、病院での患者負担の引き上げを巡って医師会から反対意見が挙がりました。

 経済界などが主張する75歳以上の後期高齢者の窓口負担を2割に増やすことや、すべての世代で受診する度に数百円を上乗せする案について、日本医師会が反対しました。
 日本医師会・横倉義武会長:「その金がないために受診が遅れるということになりますと、重症化もするという可能性がありますので負担能力のない人から取るのはだめだと思います」
 横倉会長は代わりの財源として、「企業の内部留保の1%でも給与に回せば所得税が増える」と訴え、企業側にさらなる賃上げを求めました。