被告がまた・・・護送中の車から逃走 大阪地検

被告がまた・・・護送中の車から逃走 大阪地検

9日未明、東大阪市で大阪地検が護送中だった42歳の男が車から逃走しました。

 午前4時ごろ、東大阪市で覚醒剤取締法違反の罪などで起訴され、保釈の取り消しによって収容された大植良太郎被告が護送中のワゴン車のドアを開けて逃げました。大植被告は車の中で「手錠がきつい」と言い出し、検察事務官が左手の手錠を外したところ、突然、暴れだしたということです。大植被告は身長1メートル71センチの痩せ形で、頭は丸刈り、紺色のシャツに迷彩柄のズボンをはいていました。大阪地検では、先月30日にも女の被告(49)が逃走する事件が起きたばかりです。