江戸の町家、息づく暮らし 奈良県橿原市の今井

江戸の町家、息づく暮らし 奈良県橿原市の今井

江戸時代の風情が残る奈良県橿原市の今井町は、町家が軒を接して並ぶ街並みで知られる。今井町は天文年間(1532~55年)に称念寺の寺内町として誕生した。織田信長の時代には、周囲に堀を巡らせた武装都市だった。信長に降伏後は、商業都市として発展。江戸時代には「大和の金は今井に七分」と言われるほど栄華を極めた。