島根原発で事故想定した訓練 国と自治体の連携確認

島根原発で事故想定した訓練 国と自治体の連携確認

政府は島根原子力発電所での事故を想定した訓練を行いました。訓練は安倍総理大臣が緊急事態宣言を発表するなど、実践に即して行われました。

 安倍総理大臣:「島根原子力発電所2号機で注水機能が喪失し、原子炉の冷却ができなくなり、原子力緊急事態が発生しました。国や関係自治体からの指示に従い、落ち着いて行動して頂くようお願いします」
 訓練は地震により島根原発2号機の原子炉で冷却機能が失われる事故を想定して行われました。安倍総理は「原子力緊急事態宣言」を発表し、島根原発周辺の住民には避難を促しました。続いて、島根県知事らとテレビ会議を開き、国と自治体の連携体制を確認しました。