母親が8歳長女をヘアアイロンで・・・虐待は日常的か

母親が8歳長女をヘアアイロンで・・・虐待は日常的か

佐賀県みやき町で小学2年の長女の頬にヘアアイロンを当ててやけどをさせたとして、母親が逮捕されました。警察は、長女が日常的に虐待を受けていた疑いもあるとみて調べています。

 みやき町の29歳の母親は、8歳の長女の右頬などに熱したヘアアイロンを当てて全治10日のやけどをさせた疑いが持たれています。母親は「間違いありません」と容疑を認めています。6日に小学校の教師がやけどに気付いて尋ねたところ、長女が「母親にヘアアイロンを当てられた」と答えて発覚しました。長女の体には複数の打撲の痕があるということです。警察は、長女が日常的に虐待を受けていた疑いもあるとみて調べています。