町に不安広がり・・・人もまばら 地検が護送中に男逃走

町に不安広がり・・・人もまばら 地検が護送中に男逃走

9日、護送中の車から逃走した被告の男は現在も確保されていません。

 覚醒剤取締法違反などの罪で起訴されている大植良太郎被告(42)が逃走した東大阪市の周辺住民は不安を募らせています。
 周辺住民:「ちょっと怖いですね。雨戸を閉めるように言われてまして」「(検察は)何してるんや。いい加減にせえよって」
 大植被告は9日午前4時ごろ、車で護送中に「手錠がきつい」と訴え、大阪地検の事務官が左手の手錠を外したところ、暴れてドアを開けて車から逃走しました。丸刈りで紺色の長袖シャツ、迷彩柄のズボンをはき、裸足だったということです。また、腰縄と右手に手錠を付けたままでした。