護送先近くで手錠外す 被告の“覚せい剤”男逃走 大阪

護送先近くで手錠外す 被告の“覚せい剤”男逃走 大阪

大阪・東大阪市で、被告の男が護送中に逃走した事件で、検察が、護送先のすぐ近くで男の手錠を外していたことがわかった。

覚せい剤取締法違反などの罪で公判中の大植良太郎被告(42)は、保釈を取り消され、9日未明、東大阪市で車で護送中に逃走した。

逃走のきっかけは、大植被告が「手錠がきつい」と話し、検察の事務官が左手の手錠を外したことだったが、その場所は、護送先の警察署まであと600メートルほどで、数分もあれば到着する状況だった。

いまだ大植被告が捕まらない中、東大阪市では、公共施設が閉館したり、イベントが中止されたりするなど、影響が広がっている。

(関西テレビ)

(2019/11/10)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH